2021.10.1 お知らせ

AI活用型オンデマンドバス「のるーと塩尻」実証運行開始のお知らせ

2021年10月1日(金)より、AI活用型オンデマンドバス「のるーと塩尻」(以下、本サービスという。)の実証運行を開始しました。「のるーと塩尻」は、乗りたい時にアプリや電話で呼べる新しい公共バスサービスです。買い物、通院、観光など様々なシーンでぜひご活用ください。

本サービスは、塩尻市および(一財)塩尻市振興公社が実施する次世代モビリティサービスを活用した実証実験の1つとして実施しています。塩尻市は現在、市営バス「すてっぷくん」を運行していますが、乗客数の減少・運転士の担い手不足などの課題を抱えています。これらの課題を解決するため、中心市街地循環線エリアの公共交通バスを「すてっぷくん」から「のるーと」に切り替えることを検討しています。

今回の実証結果や、地域の皆さまのご意見などを踏まえ、次年度以降で代替可能か検討していきますので、積極的なご活用をお願いいたします。

Back